ISO-8 FAQ
October 7, 2020

皆さん、こんにちは!先週のリリース以来、ISO-8に関するご質問をたくさんいただいています。そこで、混乱を解消するため、FAQをまとめました。

Q:召喚はクラスボーナスを獲得しますか?
A. ダーク・フェニックスの能力「フェニックス ライジング」とドック・オクの能力「シニスター・リチャージ」を含め、召喚はクリスタルデータボーナスを得ますが、クラスボーナスや効果は獲得しません。また、ミスター・シニスターの能力「クローン」はミスター・シニスターのISO-8クリスタルボーナスを得ますが、クラス関連のボーナスや効果は獲得しません。


Q:「最初のヒット」とはどういう意味ですか?

A. 最初のヒットは、メインターゲットに対する最初の攻撃です。たとえば、ガモーラが特殊能力「ルースレスブレード」を使用した場合、「最初のヒット」はチェインの最初の攻撃です。ガモーラの基本能力「アサシンのストライク」では、1回目のヒット時のみトリガーされ、ボーナスアタックではトリガーされません。


Q:+アクティブ回復は、ミン・エルバの最強能力に影響しますか?

A. いいえ。プラスアクティブ回復は、体力を奪う能力や体力の再分配には影響しません (これには、ダーク・フェニックスの特殊能力「光を授ける」、エボニー・マウの最強能力「強制輸血」、スカーレット・ウィッチの特殊能力「屈折現実」、マンティスの最強能力「癒やし」も含まれます)。


Q. ISO-8ボーナスは、どのようにキャラクターのデータに計算されていますか?
A. レッドスターデータボーナスに付加的に重ねられます。詳細をお知りになりたい場合は、ISO-8ベースデータの計算式は次のとおりです:
(体力、アーマー、ダメージ、フォーカス、抵抗):最終データ = ((ベースデータxスタークテックx戦争エリア*(レッドスター+ISO-8))+(固定データボーナス))xキャラクターパッシブ

Q. 非ヒーラーキャラクターについて:レベル1ヒーラーは5%のアクティブ回復を獲得し、レベル3ヒーラーは最も体力が低い味方を5%回復します。このキャラクターがレベル1で獲得した5%は影響を及ぼしますか?+10%の回復になりますか?たとえば、サノス (ヒーラーレベル3の場合) の回復量は5%ですか?それとも10%ですか?

A. アクティブ回復は、能力による回復すべてのマルチプライヤで、パッシブ能力も含まれます。キャラクターが復活以外の方法でキャラクターを回復するとき、マルチプライヤとして5/10/20%多く回復します。よって、+20%の回復では、最終的な回復量に1.2をかけます。たとえば、アクティブ回復で1000+5%回復する場合、1.2*(1000+5%) = 1,200 + 6%になります。

Q. クラスの切り替えは無料ですか?

A. クラスのアップグレードで支払いをしたあとは、いつでもコストなしでクラスを切り替えられます。

Q. スカーミッシャークラスを与えられたキャラクターで、アシストやカウンターで無防備を付与するキャラクターはいますか?


A. スカーミッシャークラスを選択したキャラクターは、攻撃時パッシブ能力では無防備を適用しません。たとえば、カル・オブシディアンのパッシブ能力「報復」は、敵が味方のサノスまたはエボニー・マウを攻撃したとき、無防備を適用しません。これには、S.H.I.E.L.D.トルーパーやパニッシャーといったキャラクターも含まれます。


付け加えると、レイダークラスはアシスト攻撃またはカウンターアタックでは機能しません。スカーミッシャーのみです。

Q. カウンターアタックは無防備を適用しますか?
A. 現在、カウンターアタックで無防備が正しく適用されない状況を調査しています。進展があればお知らせいたします。


Q. 無防備の効果はスタックされますか?

A. いいえ。無防備は1つ以上スタックされますが、被ダメージ10%増を含むこの能力の効果はスタックされません。

Q. 無防備をブロック、回避、または抵抗することはできますか?

A. 敵に対する攻撃がヒットした場合、無防備は必ず適用されます (適用可能な場合)。無防備を適用する攻撃が回避された場合、無防備は適用されません。 

Q:同盟戦争で、ネイモアの最強能力「ギガント」が確実に無防備を与えていないのはなぜですか?

A:クリティカルヒットがブロックされた場合 (ディフレクトによっても)、追加ダメージは攻撃に追加されますが、そのダメージはブロック量によって軽減され、ヒットはブロックされたと見なされます。つまり、攻撃がブロックされると、クリティカルヒットであっても、無防備は適用されません。


Q. アクティブ回復の恩恵を受ける能力はどれですか?
A. アクティブ回復は、「直接回復」 (固定数、最大体力) のみに影響を与えます。これには、ヒドラ科学者の能力「患者第1号を検査する」やシュリの能力「キモヨ・ヒーリング」といった、固定数、または最大体力に基づいて回復する能力が含まれます。また、アクティブ回復はナイト・ナースの能力「応急手当て」の直接回復を強化しますが、適用された復活による間接回復は強化しません。 


Q:アクティブ回復の恩恵を受けない能力はどれですか?

A:アクティブ回復は「間接回復」 (体力を奪う、ドレイン、復活、再分配) には影響を与えません。エボニー・マウの能力「強制輸血」を含め、体力を奪う能力には影響を与えません。ドラックスの能力「デストロイヤー」を含め、ドレインには影響を与えません。また、スカーレット・ウィッチの能力「屈折現実」を含め、体力を再分配する能力には影響を与えません。




ISO-8に関する数多くのご質問、ありがとうございました。ゲーム内でお会いしましょう!


日本語
© 2021 MARVEL. MARVEL Strike Force Software © 2021 SCOPELY。不許複製。このウェブサイトを使用することにより (いかなる、およびすべての部分と構成要素を含む) これらの利用規約およびプライバシーポリシーに同意したことになります。本ウェブサイト上の情報は売却、交換、譲渡するものではありません。これらの情報の複製、操作、発行、またはその他の移譲は、利用規約で具体的に示されている場合を除き、固く禁じられています。